眼の痛み、かゆみ、かわき、疲れ、視力低下、白内障の不安などがありましたら、お気軽にお問合せ下さいませ。

手術についてのお話

  • HOME »
  • 手術についてのお話
手術室・白内障日帰り手術のご案内。

誰しも眼にメスを入れることは不安になるものです。
当院では最先端の設備を導入し、経験豊富なスタッフが患者様の負担に少ない手術を実施、安心な治療を心掛けています。
白内障手術の詳細

手術は局所麻酔(点眼麻酔など)で、顕微鏡下にて行われます。
ベッドにあお向けになって、目のまわりと目の中を洗浄した後、まぶたを開く金具をかけ、手術が始まります。
白目の一部を3mm程切開し、特殊な機械(超音波発振装置)を使って、濁った水晶体(白内障の本体)を砕き、吸引して取り除きます。
水晶体の後面のふくろだけを残し、そこへ人工のレンズ(眼内レンズ)を入れて、手術終了です。
切開創(傷口)が小さいので基本的には縫合はしません。

通常10分から15分の手術時間です。
水晶体のふくろの支えが弱い場合や、進行した白内障の場合は、通常の手術が適応とならない場合がありますが、その際は前もってお話いたします。
PAGETOP
Copyright © こばやし眼科 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.